働き方改革で注目のRPAとは? AI、botとの違いも解説

  • TOP
  • RPAの知識
  • 働き方改革で注目のRPAとは? AI、botとの違いも解説

働き方改革で注目が集まっているRPA。日本では、金融・保険業で先行して導入が進み、近年はほかの業種でも導入するケースが増えてきています。さまざまな業種から注目されているRPAとは、一体どのようなものなのでしょうか。この記事では、RPAの概要や、AI・botとの違い、RPAの適用業務などについて詳しくご紹介します。

公開日公開日:
カテゴリーカテゴリー:
入門編

目次

  1. RPAは定型作業を自動化するソフトウェア
  2. RPAと混同されがちなAI、botとはどう違う?
  3. RPAやAIの未来
  4. まとめ

1.RPAは定型作業を自動化するソフトウェア

RPAは、人間の行う定型作業を自動化するソフトウェアで、Robotic Process Automation(ロボティック・プロセス・オートメーション)の略称です。パーツの組み立てや塗装、梱包などブルーカラー業務で用いられる産業用ロボットと異なり、RPAはデータ入力やメール処理などホワイトカラー業務で主に用いられます。RPAは人間が行うPC操作を画面で記録して、一連の作業を自動化します。

RPAは、デジタルレイバー(仮想労働者)とも呼ばれ、人間の作業の一部を代行し、作業負担を軽減してくれる存在です。具体的には以下のような場面で活用できます。

【RPA活用例】

  • データ入力業務
    例)ExcelやCSVのデータをシステムやWebに入力
  • データ集計業務
    例)Web上の数字やテキスト情報を、Excelに貼り付け・集計
  • データ加工業務
    例)複数ファイルから1つにまとめる、異なるシートの表を加工・編集
  • 送信メール処理業務
    例)WordやPDFファイルをメールに添付、指定の宛先に自動送信
  • 受信メール処理業
    例)受信メール情報を自動で登録、添付ファイルを保存

RPAは、オフィス業務を自動化して私たちの作業の手間を減らしてくれます。次からは、同じ自動化技術であるAIやbotとの違いについて見ていきましょう。

2.RPAと混同されがちなAI、botとはどう違う?

RPAと似た技術であり、混同されがちなAI、bot。これら3つの技術はどう区別されるのでしょうか。

RPAとAIの違い

RPAとAIの違いは、自己学習能力の有無にあります。どちらも自動化技術ですが、RPAはルールベース、AIは判断ベースとして区別可能です。

わかりやすいところでいうと、AlphaGo(アルファ碁)や自動運転技術、人型ロボットのPepper、お掃除ロボットなどが身近なAIの例として挙げられます。AIは、大量のデータから規則性を見つけ出し、情報を総合的に判断して理解、予測を行います。さらにAIには自己学習能力があり、システム自身が人間の脳と同じように判断を下して作動します。対して、現在のところ、RPAはAIのような自律的な判断はできません。あくまでも人間の定めたルールにもとづいて作業を行います。このように、RPAはルールベース、AIは判断ベースで動く技術であるといえます。

RPAとbotの違い

botは、人に代わって処理を自動化するプログラム全般を指しますが、ここでは近年iPhoneのSiriやLINEの企業botの登場で注目が集まっている「チャットボット(chatbot)」に意味を絞って説明していきます。
チャットボットとは、テキストや音声で自動的に人と会話するプログラムのこと。RPAとチャットボットは、同じ自動化技術ですがそれぞれ役割が異なります。わかりやすくするために人間のからだで例えると、RPAは単純作業や調査を代行する「手足」、チャットボットは会話を行う「口」のようなものです。RPAだけでは人とコミュニケーションを交わすことはできませんが、RPAにチャットボットを連携させることにより、受付業務や勤怠申請・管理など、手作業と人のレスポンスが必要な業務を代行できるようになるでしょう。

RPA、AI、botはそれぞれどんな業務に最適?

RPA、AI、bot の違いがわかりました。では、RPA、AI、botはそれぞれどんな業務に適しているのでしょうか。

RPA

オフィス業務を自動化するRPAは、手順やルールが明確な作業や、単調な繰り返しが多く人力で行うと手間がかかる作業に向いています。具体的には以下のような場面で役立ちます。

  • ECサイトの受注処理業務
  • 市場調査
  • 給与計算、勤怠管理
  • 保険会社の請求書データの入力

AI

データ分析力に優れ、自己学習能力を持つAIは、分析・予測が必要な業務や柔軟な対応が求められる業務に適しています。例えば以下のような業務です。

  • 銀行や保険会社のコールセンター
  • 生産・製造現場における在庫管理予測
  • ユーザーに合わせたECサイトの最適化

bot

プログラミングにより自動で会話を行うチャットボット(chatbot)は、顧客のサポート業務に向いています。特に、利用シーンが限られていて、会話のパターンが明確な場合に大きな威力を発揮します。例えば以下のような例が挙げられます。

  • ECサイトのお客様問い合わせ対応
  • 経路情報、時刻表、運行情報などの検索
  • リサイクル・中古品の自動査定、買い取り予約

3.RPAやAIの未来

まだまだ発展段階にあるRPAやAI。将来的にはどのような活用方法が考えられるのでしょうか。

RPA×AIでより高度な処理が可能に?

将来、RPAはAIの自己学習能力を備えてさらに高度に発展していくと考えられています。RPAは3段階で発展するという考え方があり、RPAの多くは現在「クラス1」のレベルで業務に対応しています。
「クラス1」では、RPAは人間が行う単純作業を自動化します。ただし、例外で何かが起きれば、都度人間が対応しなければなりません。「クラス2」では、RPAはAIのディープラーニングや自然言語処理を活用して、一部例外業務にも対応できるようになってきます。この段階では、顧客からの問い合わせに対して回答したり、蓄積した情報からシステム自身がルールを作成したりすることも可能になるでしょう。さらに、「クラス3」では高度な自律化を果たします。RPAは高度なAIと連携し、意思決定やプロセスの分析・改善といった複雑な処理もできるようになるでしょう。

RPAの技術は日々進歩しています。人手不足や少子高齢化が深刻になるにつれて、RPAはそうした問題を解決するために欠かせないソリューションになっていくでしょう。

RPAが得意なこと・苦手なこと

RPAには、得意なことと苦手なことがあります。どんな作業に向いているのか、それぞれ確認していきましょう。

RPAが得意なこと

  • ルールや手順が明確な作業
  • 正確性が求められる繰り返し作業
  • 複数のソフトを使用する作業
  • メンテナンス作業
  • 24時間対応が必要な作業

RPAが苦手なこと

  • 産業ロボットのような力仕事(運搬、塗装、溶接など)
  • 臨機応変な対応が求められる作業(※)
  • 経験をもとに判断しなければならない作業(※)

※一部のエンタープライズ向けのRPAではAI活用も含めてこうした作業も行えます。

この通り、RPAは単純作業には向いていますが、物理的な作業や人間のように判断する作業には向いていません。また、全ての業務を自動化できるわけではなく、できることは限られています。RPAを実際に導入する際は、RPAの得意分野と苦手分野を知り、適用する業務を見極めることが大切です。

4.まとめ

RPA、AI、botの違いはおわかりいただけたでしょうか。RPA、AI、botは、仕組みや得意分野が異なり、それぞれに適した業務があります。RPAを導入する際はその得意分野を理解して、効率良く業務自動化を進めましょう。

お問い合わせ

contact us

業務自動化に関するお問い合わせ、資料請求、トライアルのお申込みは
メールフォーム・お電話にて受付中です。お気軽にお問い合わせ下さい。